キャッシング返済方法の確認【事前に色々調べておこう】

利息負担を減らすには

電卓

銀行を活用しよう

消費者金融から多額の借金をしてしまうと、毎月の返済が苦しくなります。消費者金融は金利がとても高く、少額の借入ならそれほど負担を感じませんが、借入が多くなるほど利息負担が大きくなってしまいます。この利息負担を減らす方法の一つが借り換えをすることです。借り換えとは、他の金融機関へ乗り換えるということです。低金利の金融機関に借り換えをすれば利息負担を大幅に軽減させることができます。50万円を18%の金利で借りると30日で7,397円の利息が必要ですが、金利が12%なら4,931円で済みます。借り換え先として最適なのが銀行で、費者金融であれば多くが上限金利を18%程度に設定していますが、銀行カードローンであれば多くが14〜15%を上限金利となっています。借り換えをすれば利息負担が軽減できるのは分かるけど、本当に銀行カードローンに借り換えできるのかと思う人もいるでしょう。もちろん、この場合には審査があり、この審査に通過しなければ借り換えができません。ただ、今までの返済で確実に返済を続けてきた人は、銀行カードローンへの審査も問題なく通過できる可能性が高いです。借り換えは、まとまったお金を借りてもらえるため、銀行にとっても返済を確実にしてくれる優良顧客を獲得するチャンスでもあります。今まで確実に返済を続けてきたが、利息負担によって返済に困っている人は、銀行カードローンへの借り換えを考えてみましょう。