キャッシング返済方法の確認【事前に色々調べておこう】

契約を結ぶタイミング

お金

影響を与える要因

住宅ローンは、銀行や信用金庫など多くの金融機関が様々な住宅ローン商品を提供している。数ある住宅ローン商品の中でも最も知られている商品としてあるのが、フラット35である。住宅ローンを利用する場合には、金利が最も大きなポイントになる。住宅購入では多額の資金を借り入れることになるため、金利が0.1%でも違うと、返済する額が大きく変わってくる。その為、住宅ローンを利用する場合には金利の状況を十分に確認した上で利用することが必要になる。フラット35では固定金利となっているため、契約時の金利で返済期間返済していくことになる。固定金利の場合、契約時の金利で固定されるため、返済計画が立て易い反面、金利が下がっていくと損した感覚になるものでもある。フラット35の金利推移は、ここ数年にわたり低下傾向にあった。一時期には1%を割り込む水準まで落ちた時期もあり、この時点でフラット35を利用した場合には特に有利となっている。ここ1年程度の推移を見ると、若干上昇傾向にある。変動する理由には、景気の状況や政府の金融政策、株価推移などが大きく影響するとされている。但し、これらについては正確に予想することは不可能である為、景気状況や金利推移などを見ながら的確な時期を判断するしかない。株価の状況や物価指数などと比例して推移する傾向があるため、よりコストを抑えながらフラット35を利用したい場合には、これらの値把握も重要である。